1回の筋膜リリースで五十肩の動きが15度ほど良くなった

こんにちは。都島トヨクニハウス整体院の奥野です。

今回は、五十肩で腕が肩より上に上がらなくて来られた方に筋膜リリースをしたら、こんなふうに変化したよ!という投稿です。

どういう事をするのか?

そもそも筋膜って何?

当整体サロンでいう筋膜とは結合組織のことです。

何を結び付けているのかというと、体のすべてを結び付けています。
皮膚と筋肉、筋肉と靭帯、筋肉と骨、靭帯と骨、内臓と筋肉、血管と筋肉。
それらの体を作っている様々な器官をバラバラにならないように結び付けているのが筋膜なんです。

筋膜をイメージしてもらうにはスポンジを想像していただくのが分かりやすいと思います。
身体中に張り巡られたスポンジ状の筋膜は、リンパ液などの体液が通って潤っていることで滑らかさをキープして、体を滑らかに滞りなく動かすために役立っています。

スポンジは通常、隙間がいっぱいあって水分を保有できる。

しかし、ケガをしたり、長時間同じ姿勢でいてると筋膜が硬くなって通水性が悪くなって、滑らかさが無くなり動きが悪くなったり、こり固まって痛みを発生させたりするんです。スポンジが押しつぶされた状態だと隙間がなくなって水を吸い込まないのと同じです。

筋膜リリースって何するの?

硬くなった筋膜は一定の吸引圧を加えると結合組織の隙間が拡がって、通水性が良くなって滑らかさを取り戻します。押しつぶされたスポンジが元に戻ると水をたくさん吸い込めるようになるのと同じ感じです。

その一定の吸引圧で施術できるのが、筋膜リリース専用機器「メディセル」です。

筋膜リリース専用機器メディセルでふくらはぎの筋膜リリースをしているところです

「メディセル」がスムーズに動くように専用オイルを塗った身体に、一定の吸引圧をかけながら筋膜の癒着しているところを、くまなく施術していきます。

水分の通りが良くなった筋膜は潤いを取り戻し、筋肉や関節の動きの滑らかさを復活させます。

結果として、固まっていた関節の動きを拡げます。

腕が肩から上に挙がらない方に筋膜リリースをした結果

1回の施術で動きは上の画像のように変化しました。少しですけど腕を挙げる角度が上昇しているのが確認できます。お客様の希望は、腕を肩の高さより上に挙げれるようになりたい!とのことでしたが、1回の施術ではここまででした。

もちろん、痛みが直ぐに治るわけではありません。
でも、動く角度や範囲が拡大すると日常生活(着替えなど)で不便・不自由だったことも出来るようになります。

1回だけの施術ではなく、何回か筋膜リリースを繰り返して受けていただくともっと改善していきます。五十肩は時間のかかる症状ですが諦めずに続けて欲しいです!

痛くない筋膜リリースです

「筋膜リリースって痛いもんだと思ってた」「前によそで受けた筋膜リリースは痛かった」という意見をよく聞きます。
でも、この筋膜リリース専用機器『メディセル』で行う筋膜リリースは痛くありません。少しは痛いところがあることもありますが、おおむね気持ちいいですよ。途中から眠ってしまう方もおられます。

正直に申しますと、吸引圧を一番低く設定しても「痛い痛い」という方はおられます。でも、何回か施術を受けているうちに段々と肌が柔らかくなってきて、マシになってきます。

はたして、痛いのか?痛くないのか?と悩まれている方は、とりあえず受けてみてはいかがでしょうか。

全身の筋膜リリース(足の裏~脚~お尻~背中~首肩~お腹~腕)でしたら、通常¥13,200を初回のみ25%引きの¥9,900で体験していただけます!
メニュー名【メディセル全身筋膜療法】

お問い合わせは下記の予約フォームからお伺いいたします。
お名前・メールアドレス・希望メニュー・希望日時・現在のお悩みなどをご記入いただいて送信ください。折り返しコチラからご連絡させていただきます。

[contact-form-7 id=”29″ title=”お問合せ・予約”]

関連記事

  1. 60代で痩せたい方。年齢であきらめないで!

  2. 生理前や生理中がつらい時は筋膜リリースが最適!

  3. ひざの痛みを筋膜リリースで改善