筋膜の癒着にアプローチする施術

肩こりや腰痛の原因は筋膜の癒着です

最近の研究により、人間の皮膚と筋肉を結び付けている筋膜(脂肪筋膜系)は、運動不足や加齢などで癒着していく事が分かってきました。

筋膜の癒着によって肩こりや腰痛、浮腫(むくみ)だけではなく、皮膚と筋肉間の滑走性が悪くなり、全身が動かしづらくなり、様々な病因になるといわれています。

腕の皮膚をつまんで引っ張り上げて縦横に動かしてみてください。
癒着のない正常な筋膜だと、簡単に皮膚をつまみ上げて自由に動かせます。
癒着のある筋膜は、つまみにくかったり、つまんでも痛みや違和感があり、
自由に動きません。

そこが痛みやコリの原因となっている脂肪筋膜系の癒着です。

肩こりや腰痛のある方は試しにコリの部分や痛い部分の皮膚をつまんでみてください。
他の部分と比べてつまみにくかったり、痛みがありませんか?

筋膜系の癒着を解決する機器「メディセル」

それを解決するのが、筋膜リリース専用機器『メディセル』です。

今までにはなかった皮膚吸引という方法で筋膜リリースをして脂肪筋膜系の癒着を取ります。

皮膚吸引によって、血液とリンパ液の流れを良くすることで、押すだけでは解決出来なかった痛みやむくみを解消します。

当院で使用している筋膜リリース専用機器『メディセル』

癒着を解決する方法はハイドロリリースかメディセルか鍼

現在、脂肪筋膜系の癒着を解決する一番の方法は、病院で医師が行う「ハイドロリリース」です。

これは、超音波画像を見ながら癒着している場所を探して、その部分に直接、生理食塩水を注射する治療方法です。

生理食塩水が注入されるとガチガチに癒着した組織がすぐに融解します。
即効性があり、副作用もないです。

ただ注射針は鍼灸の鍼に比べると太さがあるので、
何回も打つと皮膚が硬くなってしまって、そこに痛みや違和感が出るのではないか?
という心配があります。

対して、「メディセル」はハイドロリリースほどの即効性はないものの、
続けることで癒着は解決していきます。
全身にアプローチすることでむくみやリンパ液の循環改善効果もあります。
皮膚を傷つけることはない安全性があります。

鍼灸師が行う「鍼」も癒着部分に刺すと、癒着が融解することが
中国の研究で画像も撮影されて解明されています。

多くのアスリートも使っている「メディセル」

「メディセル」はアスリートの方達のボディメンテナンスにも活躍しています。
チームとしては福岡ソフトバンクホークス、ヴィッセル神戸、INAC神戸レオネッサ。
他にも個人で購入されて使用しているプロ野球選手、マスターズ優勝した日本人プロゴルファー、プロレーサーやオリンピック代表候補選手の方たちにも愛用されています。

最近では、何頭かのJRA所属の競走馬のメンテナンスにも使われています。
2020年に歴代最多G1 獲得を果たしたあの馬もメディセルでボディケアをしていました。

犬や猫の歩行困難の治療に使われている先生もおられます。
(人や馬や犬や猫、生き物にはみな筋膜があります)

まとめ

肩こりや腰痛の原因である脂肪筋膜系の癒着を解決する方法は
「ハイドロリリース」「メディセルによる筋膜リリース」「鍼」
の3つです。

即効性があるのは「ハイドロリリース」です。

皮膚を傷つけることなく癒着を解決できて
全身のリンパ循環やむくみも改善できるのは
「メディセル筋膜リリース」です。

髪の毛ぐらいの太さで、何回刺しても皮膚を硬くしなくて、癒着にピンポイントでアプローチできるのは「鍼」です。

オクノ鍼灸整体院では「メディセル筋膜リリース」と「鍼」の2つの方法で脂肪筋膜系の癒着を解決いたします。

ORANGE LABO

トヨクニハウス整体院プロデュースの女性のからだと心を元気にするサロン