筋膜とは

皆さんは「筋膜」というと漢字から想像して、筋肉の周りについている一枚の膜のようなイメージを持たれているかもしれませんが、「筋膜」というのは翻訳間違いで、実は「結合組織」と表現する方が正しいのです。

「結合組織=筋膜」は毛糸の繊維の様に伸縮が可能で弾力性がある、みずみずしい組織です。
皮下の筋肉だけでなく、腱、骨、内臓、脳に至るまでと全身をくまなく張り巡らせ、血管や神経までの体内組織を保護し、人の形を形成しています。よって “第2の骨格”と呼ばれています。

吸引式筋膜リリース

オクノ鍼灸整体院と、別室にある女性専用施術院オレンジラボでは、吸引式筋膜リリース機器の「メディセル」という筋膜リリース専用機器を使って”第2の骨格”と呼ばれている「結合組織=筋膜」の浅筋膜、深筋膜、筋外膜、筋周膜にアプローチして治療しています。

筋膜の相互干渉を減少

骨、腱、筋肉への様々なアプローチ、マッサージ等の手技、様々な健康機器を試しても『なかなか改善しない』『病院に行ってもすっきりできない』など、身体の痛みや不調がある時は、筋膜の癒着が原因と考えられています。

吸引式の筋膜リリース専用機器メディセルは、急性期〜慢性期まで多くの症例に対応できるのはもちろんのこと、身体のバランスを根本的に整えながら血液やリンパの循環をよくし、正常な身体の機能をいち早く取り戻し、安全かつ画期的な療法です。

吸引式筋膜リリースの4つの効果

①痛みを和らげる

皮下の組織間の隙間が狭くなることによりリンパ液が滞って神経を刺激し痛みを引き起こします。
吸引式筋膜リリース専用機器メディセルでは皮膚を吸引し吸い上げることで痛みを誘発している神経への刺激を緩和することができます。

②血液やリンパの循環を良くし、むくみを改善する

血液やリンパ液の流れが悪くなると、うっ血状態となり神経を圧迫します。この流れを良くするために、吸引式筋膜リリース専用機器メディセルによって皮膚を吸引することで、皮膚とその組織間の隙間を広げ、局所に溜まっている血液やリンパ液の循環を改善することができます。循環が改善されることでむくみが解消され、むくみにより引き起こされる不定愁訴を改善することができます。

③筋肉の機能を正常にする

スポーツなどによるケガ、障害、使い過ぎによって痛めた筋肉を治すということです。どなたでも筋肉が固くなり身体を動かしにくくなったことがあるでしょう。久しぶりの運動で全身が痛くなった経験もあると思います。メ吸引式筋膜リリース専用機器メディセルにより、伸び過ぎた筋肉や縮みづらくなった筋肉を元に戻したり、弱っている筋肉を強くする効果があります。

④関節の歪みを正す

同じ姿勢を長時間取り続けることによる身体への負荷やスポーツでの障害などにより骨と骨をつなぐ筋肉が緊張してしまいます。筋肉の異常な緊張によって関節を構成している骨を引っ張ってしまい、関節にずれが生じてしまいます。筋肉の緊張を緩めることで関節を正常な位置に戻し、関節を正常に動かせるようになります。

まとめ

吸引式筋膜リリースがいかに良いかということを述べてきましたが、実は「結合組織=筋膜」の癒着を取り除くのに最も効果が高いのは「ハイドロリリース」という医師が行う治療です。

「ハイドロリリース」とは医師が超音波画像を見ながら、筋膜の癒着部分に生理食塩水を注射します。

すると癒着は瞬間的に緩解し痛みは和らぎます。

ただ、「ハイドロリリース」は部分的な治療です。一度に全身の癒着に対して生理食塩水を注射することはできません。

吸引式筋膜リリースでしたら全身の「結合組織=筋膜」の癒着にアプローチすることが出来ます。

例えば腰が痛くても原因は腰だけではない場合があります。
お尻の筋肉が、イスに座り続けていることで循環不良になり、硬くなり腰に負担をかけて腰痛が出たりします。
こういう場合だと、腰だけを治療して良くなっても、またすぐに腰が痛くなる可能性が大いにあります。

根本的に痛みやからだの不調を和らげたいという方には吸引式筋膜リリース専用機器メディセルによる治療をおすすめします。

ORANGE LABO

トヨクニハウス整体院プロデュースの女性のからだと心を元気にするサロン